荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

夫婦の日常

永遠の新婚夫婦、荒川おっと・つまの日常です。

夫、胎動を感じる

胎動だけでなくお腹に耳を当てると心音も聴こえるんだとか。それを知った夫は「つまちゃんさ〜、なんか家で心音が聴けるお高い家庭用ドップラー欲しがってたじゃない。エンジェルサウンド?それそれ。ぼくが心音聴くなら買わなくていいでしょ。エンジェル夫…

夫婦の相性

つまり相性は良いってことかい……? 先週は夫がかなりハードな週で、日を追うごとにヘトヘトになっていましたが、何もしていないはずのわたしまで何故か夫と一緒にヘトヘトになっていました。 ここ数年を顧みても2人同時に体調を崩すことが多くて、夫婦のバ…

夫、探検隊になる

なんなんだそれは…… ああ〜、ぶっとい太ももをねじると出てしまうアレの存在が、一番知られたくない相手にバレてしまった……。 夫は目を輝かせて「何これェ!」と人の足をねじり、 「まだあるかもしれないから探してあげようか! 今日からぼかぁセルライト探…

夫と一緒に床掃除

なんで夫はこんなに騒がしいのだろう…… 黙々と雑巾で床掃除をする時間がけっこう好きです。 学生時代やひとり暮らしの頃も、夜などにコソコソ床掃除していました。 料理をし終えたあとの台所の床なんかはクイックルの棒に雑巾をつけてさっと拭きたいですが、…

蚊と夫が憎い

妻を蚊のエサにしようとした夫を許さない 憎き蚊の季節がやってきました……。 外を歩くときは『天使のスキンベープ』が手放せません。 しかも今年はジカ熱には絶対気をつけなきゃいけないので、しばらく公園には行けないな。 天使のスキンベープは成分が優し…

夫の献身と妻のつわり

眠かったらしい。安らかでした…… おめでた初期のつわりはほぼ誰もが通る道ですが、英語でMorning sicknessとは言ったもので朝起き抜けの吐き気にも悩まされました。 何かを口にしたら楽になるので、夫が「軽めの朝ごはんをベッドで食べてから起きるのはどう…

夫は猫またぎ

と書きましたが、魚をきれいに食べられる人は本当に尊敬します! 夫は魚が大好きで、焼き魚も頭の骨の一番硬いところと、背骨と尾っぽ以外はほぼ残さないくらいきれい〜に平らげます。ほんとに見事です。 アジの干物は塩分が気になるのでたまの楽しみ。この…

無駄なものと無駄のないもの(夫の無駄毛とジオ・プロダクトのポトフ鍋)

無駄なものに無駄な奇跡が起きました 夫は塩顔のわりにすね毛やムダ毛が濃いので、初めてそれを知った人には「顔に似合わず毛が濃いんだね」と驚かれていますが、つくづく夫といると、いろんなことがあるなあと思います。 Tシャツの繊維を突き抜けるってどん…

カタツムリとの暗い飲み会

ネクラも極まった感。夫がすごく怯えてました 前回の日記ではたくさんのお祝いコメントやメールありがとうございました! 夫とはおめでたがわかってからもずっと「まだあまり期待しないようにしなきゃね」と言い続けていたので、皆さんに「おめでとう!」と…

愉快な荒川夫婦から愉快な荒川一家へ!?

「ぼくも準備をしてるのよ」by夫 4回目の結婚記念日を5月の連休中に迎えまして、結婚5年目となる今年は荒川家に新たな家族が加わることになりました! 今年じゅうに生まれる予定です。 と言いつつ、ストレートにうまくいったことが無いのでまだまだ手放し…

わかったような口をきく夫とアスパラ祭り2019

そう言ってていざすっぴんでいると「なんか今日、すっごく顔疲れてない?」と言ってくる夫。つらい…… とりあえず口紅だけ、とかそういうのはどこで覚えてくるんでしょう。 そして「あなたはすっぴんでもきれいよ!」と褒められているはずなのに全然嬉しくな…

幻のナス・佐土原ナスに舌鼓

「佐土原(さどわら)ナス」という宮崎の伝統野菜を初めて買いました。 大きい! 25cmのザルにぱんぱんです 佐土原ナスは江戸時代に佐土原藩で盛んに栽培されていたものの、病害虫に弱く栽培が難しいことや形が不揃いなことから生産者が減り、「幻の野菜」と…

夫、大いに反省する

夫のお約束シリーズ「できないことを無駄に宣言する」 3月から寝込んでしまったおかげで、かわいそうだったのがバルコニー(わたしたちは「庭」と呼ぶ)の植物たち。 水やりがほとんど出来なかったので水切れしたらしく、だいぶ弱ってしまいました。夫に週…

パンの思い出と理想の食パン型!

ドラッグストアで一旦夫をまいてわたしはトイレに走った思い出 石窯ドームのオーブンレンジを買ってパン作りをするようになってからはすっかりパンを外で買うことが無くなりましたが、先月はパン作りどころではなかったので久しぶりに市販のパンを買いました…

夫、ひとを巻き込む&荒川区役所近くのお得なアップルパイ

わたしの世界はそこまで縮んでない。ワイシャツは「着たら苦しい」と言うのでウェスにしました。もったいない 妻の体型はトラック呼ばわりするくせに、自分が太ったことは頑なに認めようとしない夫。 太ったんじゃなくて世界が縮んでいるんだそうです。最近…

夫のハーブ煮と豚のハーブ焼き

夫はうちの非常食 夫と一緒に暮らすようになってから、「ぼくは肌が弱い」だの「匂いが強かったりぬるぬるするのはイヤ」だのうるさいので、入浴剤はいつもクナイプのバスソルトです。 冬は体が芯からポカポカあたたまる『オレンジ・リンデンバウム』や『ウ…

夫、待つ

「なんですぐ見に来ないの?」と悲しげでした 翌日、「新しい靴でさっそく出かけてくるね!」と意気揚々と出ていった夫。10分後くらいに「駅の階段にマヨネーズ入ったパンみたいなの落ちてて踏んだ」という悲しいメールが来ました。かわいそうに。 そんな犬…

暴言を吐かれた妻は漬け物を漬ける

自分をトラック並と思えって女性に対してだいぶ暴言な気がする でも確かにたまに夫を踏んづけそうになるので、注意したいと思います……。 ここから全然話は変わりますが、連休前からハマっているものがあります。 それはきゅうりのぬか漬け!! きゅうりー! …

令和と頭痛と連休ごはん

ハッピー新元号! 3月くらいから体調不良が続いており、更新の間がずいぶん空いてしまいました。 病気ではないのですが本やパソコンなどで文字を見ると酔って戻してしまって、ほとんど横になっていたので更新休止のお知らせも出来ずのぞいてくださっていた…

平成最後の荒川夫婦です

ライブ最高でした 大変お久しぶりの更新となりました。 待ちに待った大型連休がスタート。夫と「MISIA 平成武道館 LIFE IS GOING ON AND ON」にて、平成最後の楽しい思い出を作ってきました! ”平成武道館”と銘打ったライブだけあって、平成の出来事プレイバ…

夫婦・食後の儀式と夫特製香り鍋

持ち上げるというか支えるかんじです。重い 夜ごはんを終えて「ごちそうさま」をして食卓から立ち上がる際、我が家では夫が「シェフを呼んでくれ!」と叫んで大抵この儀式をやります。 ガシッと抱き合って1回右→1回左に頭を出してねぎらい合い、最後に何故…

夫の自信が回復するとき

ごはん屋さんでの頼み方がアタリだと、夫は自信を回復する 初めてのお店やあまり行かないお店でごはんを食べたときは、必ず帰り道で反省会を開く我が家。 「何が良かったか、何を頼むべきだったか。再び足を運んでもいいか、次回はどう頼むべきか」の意識を…

癒やしの我慢大会

ジャズがさらなる眠気を煽り、つらい戦いだった 夜ごはんを満腹食べたあと、部屋でキャンドルをつけてみたら夫婦で猛烈な眠気に襲われ、癒やしの時間が我慢大会の様相に。夫もわたしもあくびをこらえすぎて涙ボロボロだわ吐き気までしてきたのでギブアップし…

夫婦で似た名前

さらに人間から遠ざかってた 2/14の「プリィー」日記に続いて、しつこく尻ネタでごめんなさい。 ナチュラルに人間をやめ始めている夫。 尻尻呼びすぎたことで夫の人間としての自我が崩壊しつつあるので、たまにはちゃんと名前で呼ぼうと反省しました……。 し…

夫の無駄な約束

そもそもそれらは高い目標なのか 夫の解せない習性、それは「ぜったい出来なそうなことを無駄に約束する」こと。 以前も日記で触れましたが、さらにパワーアップしてます。 2017年のわたしは怒っていましたが、いまはもうあきらめの境地に達しています もち…

夫、人間をやめる

無意識って怖い しかも別に「尻」じゃなくて「夫」と名前で呼んだのに「プリィー!!」と悲鳴をあげていました。「尻」がすっかり染みついたみたいです(なんかいやな表現だな)。 でもいつか会社とかで驚いたりしたときにとっさに叫ばないか心配……。 さて今…

褒め上手な夫と田舎風もち麦スープ

2019・夫の暴言オブ・ザ・イヤーにさっそくノミネートした 夫の一言多い問題。 女優さんみたい、って言われたら自動的に北川景子さんやらを想像して良い気分になるじゃあないですか。その図々しい心を見透かしたかのように夫に「女優って言ってもあなた、樹…

夫が妻に望むこと

チヤホヤされたいということなんだろうか 夫は映画『星の王子 ニューヨークへ行く』の、エディー・マーフィー演じる王子が歩くたびに従者によっていちいち花びらが道に撒かれるという設定がよほど大好きなようで(近々30年ぶりに続編が製作されるそうですね…

春の予感

「似合うね」別にその一言だけでいいのに 暦の上では春がきた! 立春! さっそく美容室で「春っぽくしてください」と浮かれたオーダーをしました。 といってもまだまだ寒い日が続きますし美容室の帰りは風邪ひきそうになりましたが、冬のあいだ光が全然入ら…

誠実な夫と鷽替え神事

「ていうかさあ、誠の心にするって、そういうことじゃないんじゃない?」と夫。ごもっとも 先の1月25日、湯島天神の鷽替えにて木鷽をふたついただいてきました。 鷽替えとは、菅原道真公をお祀りする神社で行われる神事。 鷽はなんでも、道真公が蜂に襲われ…