荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

夫婦の日常

夫、気に入る

外に出ようとする夫を止めたら「なんで止めるのよ! 似合うでしょ!」と言われた サイズの合わないTシャツは自分の寝間着にしようかなと思ったら、夫が「かわいい」と言って気に入ってしまって返してくれません。 一応夫も寝間着にしているようですが、明ら…

夫とライナスの毛布と春のレモン鍋

といいつつ、「新しいのを買っても今のタオルケットは捨てたくないから、枕カバーとかに出来ないかしら」と言ってきました。やっぱりお気に入りなんじゃないか ということで、夫のタオルケットはもうしばらくはナントカ・ロセッティ的な名前のやつ(冠婚葬祭…

合鍵の思い出と手巻きパーティ

リスク分散 先日結婚記念日も3回めを迎えて、「夫はわたしと出会ってよかったのかな? 幸せかな?」とふと思ったのですが、「夫・カバンなくし事件」のことを考えると、それだけでも夫はあと10年はわたしと出会っておいてよかったと思ってくれていいんじゃ…

不器用夫婦、DIYでカウンターテーブル作りをする

脚は無理矢理つけました 先日、カウンターテーブルをDIYで作ったのでその思い出です。 (前回) まず完成品はこちら! 窓際の狭いスペースにぴったりのコンパクトなカウンターテーブルが出来ました〜。アイアン脚にナラ材の天板です。 写真だと天板が曲がっ…

夫の顔が好き

バカ夫婦か 朝はバタバタしてすみません。すべて解決しました! ブログ設定でぽかをしてしまい、こんなことがあって朝から騒いでいました。↓ おかげさまで元通りになったので、 いつもどおりの能天気な日記を更新していきたいと思います。ありがとうはてなブ…

夫婦の不自然な会話

むしろ夫婦の会話の8割が食べものの感想かもしれない 巷のグルメ漫画では登場人物が料理の感想を大げさに説明しながら食べていますよね。ちょいとわざとらしいけれど、読者に味を伝えないといけないから仕方ないよね〜なんて思いながら読んでいました。 し…

呼んでない

このシリは呼んでない 夫は「いくらなんでもまさかやらないよな……」ということをやっては一人でヒャヒャヒャと笑っています。人生楽しそうでなにより。 そんな夫、先日一緒に買い物に行った際に、お店の方に「なんだかお客さん、すごく楽しそうだからおまけ…

金継ぎ完成……そして伝説へ

サラダスピナーはレバーが壊れていて「そろそろ買い替えよう」と思っていたIKEA製の夫が独身時代に適当に買ったやつ。こういうこと本当によくある…… 2月から細々とチャレンジしていた金継ぎが完成しました! ………… ………………。 ガシャーン よりによって一番よく…

ポジティブ夫

夫は「ぼくは繊細」と事あるごとに言いますが、わたしに「よかったね」と言い放った彼の神経はだいぶ太いと思う 夫の口癖は 「大丈夫大丈夫、なんとかなるなる」。 今回のことも「ね、なんとかなるもんでしょう。それにギリギリのほうが意外とキャンセルが出…

カリッカリユーカリに「適量」を思う&羊ハーブごはん

植物も人も…… 1mくらいに伸びていたユーカリポポラスの鉢植えが、今年の冬は全ての葉っぱがカリッカリのパリッパリになってしまいました。風が吹くたびに「カラカラ」と悲しい音。 考えられる原因は ・冷たい風や室外機の風にあおられてしまった ・冬の水や…

わたしたち夫婦といえば

福毛というらしいです。福毛夫婦と呼んでください 今週のお題「自己紹介」にちなみまして、夫とわたしがいまどこかで夫婦としての自己紹介をするならなんて言うだろう、と考えたときに最初に思いついたのが「夫婦ともに福毛が生えています」でした。 体から…

夫のワイシャツのアイロンがけ修行〜アイロンはコードつきに限る

恥ずかしい そんなこんなでアイロンが上手くかけられないせいで、しばらくブログや他の趣味や家事から離れてひたすらアイロンの練習をしていました。あと洗濯のりの調合の実験とか……(洗濯のりの実験結果は後半に書きます)。 恥ずかしながら人生でアイロン…

常日頃からの

「誤解だ、言いがかりだよ」by夫 常日頃から夫に「あなたは本当に足が太いね〜」と言われているせいで、夫がテーブルの話をしているとわかっているのに怒りを抑えられなかった。 夫は「狂気を感じる」とか言って逃げました。 そんなこんなで、夫と窓辺でコー…

夫のホワイトデー〜シュークリームde OTTO〜

恐ろしい形相で吸っていた食い意地張り夫 今年のホワイトデーは夫がシュークリームに初挑戦してくれました。 名付けてシュークリーム de OTTO(by夫) すべて夫が一人で作ってくれたので、わたしはせっせと作業する夫の横でカメラを構えてウヒョーと騒いでま…

春のはじまりを庭で吠える

ハーブはスーパーで買うと高いから必死 暖かい日が増えて、我が家のバルコニーにも虫や鳥など来訪者が増えてきました(「庭」と呼んでますがただのバルコニー)。 春、それは戦いの季節の幕開け。虫を潰し鳥とケンカし、太陽に唾吐き長雨を呪う……そんな楽し…

野鳥観察と夫観察は似ている

夫エソロジー 夫の朝ごはん跡地(荒れたテーブル)を見ると、野生動物の足跡を発見したような気分になります。 寝坊したのにしっかりコーヒー淹れて果物を切って、トーストにはちみつ塗って食べたんだなあ……と、そしてボーっとテレビを見ながら着替えて時間…

夫婦・愛のセッション

夫婦とは……相手の鼻歌にも全力で合いの手を入れてあげること 我が家では、どちらかが突然歌い出したらどちらかがすぐに、作業の手を止めてでも「フォー!」など合いの手を入れに行くのが暗黙のルールになっています。 たまに「今、すごく良い歌ができたな」…

3月8日のお祝いのミモザサラダ

昨日は国際女性デーだったので、うちのミモザ(ギンヨウアカシア)を切って飾りました。ミモザは女性デーのシンボル。 昨年の雹で幹が半分に折れたのであきらめていましたが、植物は強いわ 3月8日のお祝いは、むかし住んでいたところでは男性が女性に花を…

金継ぎの途中経過

先日始めた食器の金継ぎの途中経過です。 前回は錆漆を作って欠けを埋めました。 乾燥させているあいだの食器は、ダンボール箱に入れて加湿器のそばに置いていました。 毎日眺めていました 1週間後、しっかり乾燥した錆漆を砥石でなめらかにします。「錆研…

いつのまにか春……(日記再開!)

日記を楽しみにしてくださっている方、おやすみのお知らせできなくてごめんなさい。 ここしばらく絶対安静で過ごしていました。 お絵かきでもしながらゴロゴロしようと思っていましたが、横になる以外できなかったのと、わたしはもともと過眠のケがあるので…

とりあえずバレンタイン

昨夜ゴソゴソとバレンタインのケーキを作りました。 遅くに帰ってきた夫の第一声が「会社でまたチョコもらったよ。つまちゃんからのバレンタインはぁ?」だったので、作っておいてよかった。 京都で買ってきたお抹茶を使いたかったので、ホワイトチョコレー…

憎まれっ子の金継ぎとお気に入りチョコ

マーフィーの法則とかでありそう…… 。 連休は夫と旅行に行ってきました。 京都どす 今回の旅では憧れだった日本料理店にランチで立ち寄りまして、そちらで出していただいた骨董のお皿の金継ぎ具合がもう素敵で!! ごはん以上に夢中になってしまいました。 …

ダイエット大成功(違った意味で)

笑い話になっていますが、フローリングの床に頭を打って危うくすっぽんぽんで気絶して夫に発見されるか、一歩間違えれば大変なことになっていました。首鍛えててよかったー!! びっしゃびっしゃの状態で走ったらそりゃ転びますよね。ちゃんと体を拭かないと…

夫の騒がしい朝と最近の朝ごはん

朝起きた夫がワーワー叫んでいたので何事だろうと心配したら、思った以上に小さい話でした。 そんな夫は最近「癒やしが足りない」と言って部屋じゅうにちょこちょこ花を飾ってます。 花屋さんいわく、細めのユキヤナギはハサミでちょっと割り込みを入れるか…

ふるさと納税と手堅い夫

夫いわく「出汁取り用の乾物が一番いい」 荒川家のふるさと納税 反省を踏まえた夫ルール ふるさと納税しましたか? 我が家は昨年末に駆け込み納税をしまして、ちょこちょこ返礼品が届いています。 寄付先は夫ルールで、 ・縁のある場所(生まれた場所、住ん…

ダイエットの敵

買い替えました 夫婦ともにお正月太りが著しいので、ちょっとダイエットすることにしました。いつものストレッチやチベット体操じゃ間に合わなくなっちゃった。 脱衣所に体重記録を貼り出し(来客時に恥ずかしい) ダイエットといっても、ビリーのブートキャ…

2018年にやりたいこと(CM出演)

2018年の目標について。 昨年の目標は、心に秘めていましたが「XperiaのCMに出る」でした。あの、世の中いろんな仕事があるんだなあ〜というやつ……。 いつオファーが来てもいいようにコンテまで切って待っていたのに、声がかかりませんでした……。 ということ…

年越しとお雑煮コレクション

何の感慨もない新年 夫が無心でアイスキャンディーの棒で遊んでいる姿を「我が夫ながらすっごくバカみたいな顔でバカみたいな時間を過ごしているな」とボーッと眺めていたら、いつのまにか新年を迎えていました。 遅ればせながら、2018年もよろしくお願…

夫の年末〜夫、貞操の危機

大晦日に更新したかった話でした。年末のごあいさつもできなかった〜 またもごぶさたなブログとなりました。今年は夫が有給をお正月休みに繋げたので、とても長〜いお休みでした。 夫は30日にお友達とクラブで踊り納め。謎の外国人については「ぼくの勘違い…

いい夫婦の日と夫の好きなところ(2/2)

夫を買いかぶりすぎたか ▼前回 「廓然無聖(かくねんむしょう)」はあんまり目にする言葉じゃないですが、夏目漱石とか泉鏡花とか、そのへんの時代の小説でたま〜に出てきます。 「廓然」は「心が広くて、台風一過の晴れ渡った空のようにわだかまりのないさ…