荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

ローラー公園で夫の尻が燃える(日暮里公園)

東日暮里3丁目の日暮里公園に行って遊んできました。 こちらは全長16mのローラー滑り台が名物で、別名は「ローラー公園」。 ターザンロープもあって、自分が子どもだったら毎日遊びに行きたいな、という楽しい公園です。公園のすぐ裏に「夕やけ小やけふれあ…

(娘0ヶ月)24時間母子同室、入院生活のタイムスケジュール

こっこが無事に生まれて始まった、新生児との生活。 産院での入院生活は24時間母子同室の4人部屋で過ごし、退院後は夫と一緒に3人で自宅に帰りました。 入院生活と退院後の里帰りなし出産の日々について、これから振り返ってみます。 こっこの誕生日までに…

言いたいところまでがだいぶ長い

こっこにスタイを付けるたびに、いちいち『GLAMOROUS SKY』を熱唱する夫。 そういえば『NANA』ってまだ完結してないですよね。たまに気になる……。 そしてこういう家庭内小ネタで通じるものがあるたび、夫とは同世代だな、とつくづく思います。

夫とこっこと鴨と

夫とこっこがハマっている遊び、それは「お店屋さんごっこ」。 夫が自分の前におもちゃをいろいろ並べて、こっこがひとつ選んで夫に差し出し、夫がそれを頭に乗っけていく……という、とりあえず楽しそうだけど何の店なのかは二人にしかわからないという遊び。

(娘9ヶ月)広がるこっこの世界

娘9ヶ月の記録。 夫とわたしがこっこから離れると、喃語で 「ぱぁぱ……まんま……来いやぁあああああああああ」 と、なんか微妙に意味が通る雄叫びをあげてくる今日この頃……。 9ヶ月健診や0歳で受ける予防接種も大泣きでしたが無事に終え、成長著しいこっこ。

夏のお出かけ(ピーター・ドイグ展とこどもタマヒメデン)

暑い日が続きますが、夏のお出かけの記録。こっこの情操教育というより、出かけたがりの夫の散歩です。

トルコのパン「エキメキ」風のパン(手ごね)

「エキメキ」とはトルコ語で「パン」のこと。 昨年イスタンブール旅行に行った際、夫がカフェで食べたパンをものすごく気に入って、「日本でも食べたい!」と言うので現地の製パンショップに行ってレシピを聞いたり、本やイーストを買ってみたりして、家に帰…

誰を呼ぶ?ファーストおじさん

緊急事態宣言が解除されてから、出張続きの夫。 文字通り沖縄から北海道まで、けっこう全国を飛び回っています。 先日は札幌に行って、夫お気に入りのショコラティエ・マサールのブラウニーを買ってきてくれました。

ゆいの森あらかわの遊びラウンジに行ってきました

先日、家族で荒川区立図書館ゆいの森あらかわの1階にあるキッズスペース「遊びラウンジ」へ行ってきました! わたしたち家族にとって、公共の遊び場へのお出かけというのは今回が初めて。ドキドキです……!

アメリカピンと夫

9ヶ月になった娘を見ていると、小さな体をいっぱいに使って泣いたり、喜んだり。 赤ちゃんって全力だな〜、と微笑ましく見ていましたが、そういや夫もいつも全力でした。でかい尻をいっぱい使って泣いたり喜んだりブリブリしてます。

アクティビティボードを手作り!

さっそく壊した アクティビティボードを作ってみる エセDIY再び。 今回はこっこに「アクティビティボード」を作ってみました。 ばばーん。 8月だし誕生日プレゼント! と思って作り始めましたが、8月はわたしと夫の誕生日でこっこは関係なかったんだった …

(娘8ヶ月)こっこ、ついにずりばい!……しかし

戻れなくなって困ったら「輿を持て!」と泣いて呼びます 「動かざること山の如し」の異名を取っていた荒川こっこ、ついにずりばいに成功しました! ただ、なんでかすごい速さでブリブリと後ろに下がっていきます。 それでも本人は動けるのが嬉しいみたい。 …

牛乳夫とブラウニーと

牛乳への敬意は わたしの牛乳パックの開け方が気に入らない夫。 「最後までちゃんとぐいっと広げてから開けて!」とのこと。 そりゃすまなかったよ。 でも「いい、見てて、開け方はこう!」と言っておきながら夫も失敗してました。 さて、最近は「ブルボンブ…

(娘0ヶ月)荒川夫婦、授乳に悩む(2)

かつては恋人同士だったのに 悩める授乳の道のり 覚書と思い出の記録を兼ねて、長々と書いていきます。 悩める授乳の道のり 哺乳瓶の思ひで その後 試してみたこと 桶谷式マッサージ 水分&汁物をよく摂る! お米をたくさん食べる ベビースケールで測る まと…

(娘0ヶ月)荒川夫婦、授乳に悩む(1)

そもそも夫は6歳下の妹さんが生まれたときに、「なんか〜妹がいつも手をチュパチュパ舐めててさ〜、そんなにおいしいのかと思ってぼくも妹の手を舐めてたら妹が熱出して、その後はあまり近づけさせてもらえなかった」という話をしていたので前科者なのです…

(娘8ヶ月)夫、その世界観と娘のプレイマット

ツッコんだら負けなんだと思われる 夫はこっこにたくさん人形遊びをしてくれますが、ストーリー展開が……妙。 夫いわく「えっ、人形遊びって基本は戦わなければいけないでしょう?」とのこと。そんな決まりあったっけ……。 絵本を読むときも、余計なエフェクト…

三人暮らしの冷蔵庫2020

暮らしの定点観測、今年からは娘・こっこ(8ヶ月)が参入して3人家族の冷蔵庫となりました。 冷蔵庫は今年も変わらず、日立の265リットルの冷蔵庫(R-K270EV)です。 家族3人でも、まだまだしばらくはこれで行く!! 三人暮らしの冷蔵庫2020 まずは201…

ループに閉じ込められ夫婦〜ダークのシーズン3を観終えて

ああ怖い怖い netflixのドイツドラマ「ダーク」のシーズン3が配信されました。 最終シーズンとなった今回でトリロジーが完結。 昨年の日記でも「面白い」と書きましたが、本当に面白いドラマだった〜。 会う人会う人におすすめしまくりました。 ドラマでも…

夫、娘に英才教育を始める

裸一貫で成り上がっておくれ…… 英才教育と称して、娘に裸踊りを教えている夫。 (そういえば踊っているぶんには夫の乳も怖くないみたいです) ▼参照 その甲斐あってか、こっこはわりと野生のゴリラみたいになってきました(ヨッコイゴリラ……)。 まずは「人…

おしゃべり父娘とハマりチーズ

ヨッコイって何!? 最近娘に「ママって呼んでごらん」と言うと「ママ!」と返してくれることがあって(もちろん偶然かもしれませんが)、娘もいよいよ人間の片鱗を見せてきたなあとちょっと感動していたのですが、人間を飛び越えて新種の生物・ヨッコイに進…

赤子、夫に恐怖する

何が気に食わないんだろう こっこは夫のちちくびを見ると、直前まで機嫌よく笑っていても大泣きします。 別に無理やり吸わせようとしたとか、特に何かしたわけでもないのに……。 とにかく夫の乳を真正面から見るのが苦手みたいで、夫がこっこをお風呂に入れる…

鉄のクレープパンも育てる

こっこにきょうだいが出来ました(鉄製) 「使ってみたいけど手入れが面倒くさそうだしぃ〜重いしぃ〜」と長年二の足を踏んでいた鉄製フライパンにとうとう手を出してしまいました。 deBUYER(デバイヤー)の鉄のクレープパン(24cm)!! 今持っている24cm…

夫、失言する

本音が出たな夫 いいんですけどね、そりゃこっこの若さに誰が勝てるというのか。 どうせ産後は前髪も抜けてぼろぼろよ、とやさぐれていたところ、夫が豆乳プリンを作ってくれました。 寒天でさわやかふるふる! またもなかしましほさんレシピ。夫はすっかり…

セクシー乳児と夫

もちろん実話です 日々顔がどんどん変化しているこっこ。 いつのまにやら新生児から乳児の顔に、そしてたまに幼児っぽい大人びた顔もしたりと不思議です。一番成長と変化を感じるのは「女の子の顔になったなあ」ということ。 しかし先日は女の子を通り越して…

【お知らせ】過去の日記の画像が表示されない問題について

Googleフォトの仕様変更で2020年3月以前の日記の画像が表示されなくなっています。 現在はてなブログのほうで復旧作業中とのことですので、 ご不便おかけしますがしばしお待ちください。 わたしもバックアップは取っているものの復旧するかドキドキです笑。

(娘6ヵ月)夫、離乳食のおこぼれを楽しむ

夫だけでなくわたしも食べてますが、夫が離乳食をどうアレンジして食べるかをエンジョイしてる…… 娘が5ヶ月半になったのを機に離乳食をはじめました。 本当はゆいの森あらかわに美味しそうな離乳食の本を探しに行って勉強したいな〜と思っていましたが、し…

お産の思い出(5)最終回:産後に産みの苦しみ地獄(汚い話)〜エピローグ

朝7時くらいから陣痛が始まって、22時に出産しました(浣腸で) ▼前回 (※これから汚い話の詳細が続くのでご注意ください) 第3の尻、reprise お産が終わったあとは「お産、そこまでつらくないじゃん楽勝じゃん」と正直なめていましたが、産後にこんなイベ…

出産の思い出(4)立ち会い出産にて娘、誕生!

娘が最初に見た母の姿は、前衛的な変質者スタイルでした。安産でしたが、産みの苦しみはこれからが本番だ!! ▼前回 「最近は娘も夜5時間は通して寝てくれるし楽になってきた」と思ったら娘がまた夜から朝まで2時間置きに泣くようになってしまい、ブログの…

出産の思い出(3)陣痛室へ:違う、そうじゃない

とにかくカメラをどう受け取るか、どう撮るか、など段取りのことばかり考えていました ▼前回 診察→まさかの入院 18:40頃 病院に到着 夜の病院に到着。今日はお産が混み合っているとのことで、バタバタとした雰囲気でした。 まずは布団に横になり、NST(ノン…

出産の思い出(2)お産当日:陣痛に気づかない

まさか日付が変わらないうちに我が子と対面するとは思ってもいなかったので、体力を無駄に使ってしまった。 ▼前回 39週最後の日、出産予定日前日。 運命のお産の日を迎えることになりました。 しかし前回の日記のとおり、おしるしもスカで鳩もスカ。 ちょっ…