荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

バレンタインのケーキ&村上農場のおいもパーティー

6/13現在、2020年3月以前の日記の画像が一部表示されなくなっています。復旧をしばしお待ち下さい。

先日、日頃の夫への感謝祭ということでバレンタインのパーティーをしました。

ということで今日は写真日記です。

 

バレンタインのケーキは夫リクエストで、チョコレートシフォンケーキ!

f:id:arakawalove:20210223230745j:plain

バレンタインらしくチョコチップも入れました。

夫いわく「単調になりがちなシフォンケーキだけど、チョコチップが入ることで温かいうちはフォンダンショコラのようにチョコがとろけて美味しいし、冷めたらカリッとした歯ごたえが加わってとてもいいね。甘さ控えめの生クリームも必須だねピーチクパーチク」とのこと。喜んでくれてよかったよ。

 

レシピはTOMIZのチョコチップシフォンを参考にしました。砂糖はシフォンも生クリームもてんさい糖で。

そういえば昨年もバレンタインにシフォンケーキを焼いたんだったなあ。こっこが寝ている隙にバタバタ準備して、メレンゲを立てるところでこっこが泣いたりして。

あの頃のこっこはようやく首が座りだした頃だったか。

今年はなんと材料を混ぜるのを手伝ってくれました。途中でボウルを持って逃走したので、強制着席で手伝ってもらっています笑。

f:id:arakawalove:20210223230805j:plain

こっこは「しろくまちゃんのほっとけーき」の絵本が好きで、日頃のおもちゃもボウルと泡立て器。かき混ぜ係は自分だと思っているみたいです。

 

愛娘の手作りケーキ、夫はさぞ嬉しかったのではないでしょうか。

f:id:arakawalove:20210224014142p:plain

実はケーキはオーブンから出すのが遅くなって、ちょっとしぼんじゃったのですが……。まあ、夫は美味しい美味しいと食べてくれたからよしとしよう。

ケーキを出すのが遅れた理由はこっこの世話とかじゃなくて、わたしが今更「教場」を読んでいたせいでオーブンの終了音に気づかなかっただけだという。面白いですね教場。

 

そしてそして、夜はおいも祭り。

教場ではなく村上農場のじゃがいも頒布会のおいもが今月も届きました。

ということで前からやってみたかったラクレットに挑戦。

野菜とミートボールをあらかじめ焼いておいて(時短でグリルフライパンで。おいもはレンジで蒸しておいて)、ラクレットチーズを溶かしているあいだは野菜は温めたオーブンで保温。

f:id:arakawalove:20210223225638j:plain

写真の一番左下の黄色い中身のおいもが「インカの瞳」、その隣の赤いおいもが新品種の「あかね風」、茶っぽいのが「はるか」、そしてまだらの紫色っぽいのが「デストロイヤー」(まだら模様がマスクマンっぽいから、この名前)

 

この色とりどりの個性豊かなおいもに、トロトロのラクレットチーズをブヒョーとかける!!

ウヒョォ〜。

f:id:arakawalove:20210223225718j:plain

夫、狂喜乱舞。

家族でお腹いっぱい、楽しいバレンタインとなりました。

しかし大量のチーズに加えてチョコシフォンケーキも1日で全部食べてしまって、カロリーが……怖い……。夫は吹き出物でました。

 

その他のおいも料理の記録。

まずは定番のオーブンでローズマリー焼きもしました。

今回の頒布会ではデストロイヤーがローストにおすすめされているだけあって、ほくほくで本当に美味しかった〜。

f:id:arakawalove:20210223225734j:plain

こっこにも早く食べられるようになってもらいたいものだ。楽だから

 

続いて夫からのリクエストで、「タサン志麻さんのフランス風グラタン」。

牛肉のトマト煮の上にじゃがいものピュレをかけて、チーズをかけて焼き上げます。これもまた美味しかった〜。簡単なのに手のこんだ料理に見えて、さすがです志麻さん。

f:id:arakawalove:20210223225834j:plain

続いて試したのは、おいもの炊き込みごはんとポテトサラダ。

炊き込みごはんはアンデスレッド、ポテトサラダは北あかりという種類を使いました。炊き込みごはんはおいもごと炊いて、炊きあがったところにバターを混ぜ込みます。

f:id:arakawalove:20210224013959j:plain
我が家はごはんはジオで炊くので、しっかり浸水させて水を切ったお米2合に対して水の代わりに昆布だしを2カップ。塩を小さじ1弱加え、おいもを乗せて、あとは普通に炊くだけです

 

お箸が止まらない味でした〜。

たらこも用意していましたが、おいもの味が濃くてもう充分!

たらこの出番がなかったです。

f:id:arakawalove:20210224010054j:plain

他にもカレーを作ったり、いろいろ楽しみました。

もちろんこっこも美味しいおいもを全種類堪能。イモ・テイスティング・アカチャン。

f:id:arakawalove:20210224010107j:plain

こっこカレーはキャニオンの「こどものためのカレールウ」を、1cm角くらいに割って使って、野菜でとったブイヨンとかぼちゃペーストでのばしてます

 

こっこは「インカの瞳」への食いつきが特によかったような。

ムチムチもっちりな食感の「サッシー」は角切りにしてシチューであげましたが、ちょっと赤ちゃんにはむっちりしすぎて飲み込みづらかったみたい。

でも「無理しなくていいよ」と言ったのに美味しかったみたいで、えづきながらも完食してました……。

ちょっとでも食感が気に食わない食べ物は吐き出して食べない人なのですが、村上農場のおいもは頑張ってでも食べたいようです。

f:id:arakawalove:20210224145822p:plain

次回の頒布会は来月末。どんなおいもが来るか、ワクワクです。

 

そして地味な話をすれば、美味しいじゃがいもが家にあると献立が作りやすくて重宝するな〜としみじみ思います。

こっこの離乳食も「あ、今日どうしよう何も考えてないや……」みたいなことがあっても、とりあえず玉ねぎとにんじんとおいもとタンパク源のお肉or魚さえあれば和でも洋でもなんとかなる! そこに冷凍のきざみほうれん草か、かぼちゃがあればもう言うことなしよ!

そして夫のごはんも「あ、今日どうしよう何も」というときは(以下、上と同じ)。

 

また、こっこが寝ている隙に野菜を切っておいて、あとは夕食の時間にオーブンに突っ込んで天板ごとテーブルにドンと出しても夫は「わぁい今日のごはん豪華〜、おいもが美味しいからごちそうだねえ」となんだか騙されてくれるし、簡単な調理法で主役になりうる美味しい野菜って本当にいいことづくめです。

f:id:arakawalove:20210224144750p:plain

 乱暴な調理……

 

▼前回のおいも祭り

 

▼昨年のバレンタイン。体力つらかった頃だったなー

▼村上農場さんのオンラインショップです