荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

夫とこっこと鴨と

6/13現在、2020年3月以前の日記の画像が一部表示されなくなっています。復旧をしばしお待ち下さい。

f:id:arakawalove:20200907140903p:plain

f:id:arakawalove:20200907140906p:plain

f:id:arakawalove:20200907140909p:plain

f:id:arakawalove:20200907140913p:plain

f:id:arakawalove:20200907140916p:plain

f:id:arakawalove:20200907141650p:plain
f:id:arakawalove:20200907140929p:plain

f:id:arakawalove:20200907140933p:plain

「父の威厳を見せたかった」by夫

 

夫とこっこがハマっている遊び、それは「お店屋さんごっこ」

夫が自分の前におもちゃをいろいろ並べて、こっこがひとつ選んで夫に差し出し、夫がそれを頭に乗っけていく……という、とりあえず楽しそうだけど何の店なのかは二人にしかわからないという遊び。

最初はカップとか積み木とかですが、だんだん引き剥がしたプレイマットやら空気清浄機まで持ってこようとするので、夫いわく「こっこは要求がエスカレートしていく系女子」らしいです。

 

こっこは「パパとやる遊び」「ママとやる遊び」を分けているみたいで、わたしが同じことをやろうとしてもあんまり乗り気じゃありません。逆もまたしかり。

わたしとは、こっこが布やタオルを差し出して、わたしがそれを被るとこっこがそれを剥いで「ばぁー!」という遊びが好きです。でもお店屋さんごっこ、わたしもやりたーい。

f:id:arakawalove:20200910020602p:plain 

さて、話は変わりまして。

先日、夫の鶯谷での人間ドックが思いのほか早くに終わって(朝9時に終わった!)、日暮里のラングウッドの近くにオープンしたばかりの「小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)」に寄ってきてくれました。鴨大好きな夫、鴨料理店と聞いて居ても立ってもいられなかったようで。

f:id:arakawalove:20200907141143j:plain

大久保、池袋に続く3店目が日暮里みたいです。ふふふ、大久保、池袋、日暮里か。なんかそれっぽい並び

 

真っ赤な辛いソースに和えられた鴨のネックと手羽先、プレーンのおかゆをテイクアウト。

夫は健診センターで朝食をいただいてきたとのことで、わたし一人で朝から鴨のネックを食べまくることになりましたが、これ辛っっっ!!!

f:id:arakawalove:20200907141152j:plain

おかゆはタピオカの容器に入っていた笑

 

食べるときはビニール手袋を絶対してください、とのことでしたが、ビリビリ辛くて唇がどんどん真っ赤に腫れていく笑。確かに手袋必須だわ。

味は、からうまいです。ごはんのおかずというよりは、食感もコールドチキンとかそういうおつまみっぽいというか。ああ〜お酒が飲みたいなコレ。

でもハイハイする赤ちゃんがいる家で食べるのは危険だ。食後は入念に顔と手を洗い、床に欠片をこぼしてないかしっかり掃除して神経使いました笑。

 

夫は昼ごはんに食べて、「ぼく、これ好きだなあ〜。あー、ビール飲みたい」と言ってましたが、バリウム飲んだあとに辛いもの食べて大丈夫かしらと思っていたら、これのせいかはわかりませんがその後、夫の白いブツで家のトイレが詰まりました……。

 

こっこがもう少し大きくなったら、今度はお店で麺とかも食べつつ飲みに行きたいなあ!

 

●小魏鴨脖店 日暮里店

住所:荒川区東日暮里5-51-5

ラングウッドのそば

 

▼夫は付き合う前に「みんなに鴨の良さを知ってほしい」と言って鴨鍋背負って友人宅の家飲み会にやってきたほどの鴨好きなのであった

▼夫家族との初めての顔合わせも鴨だった。夫家族の正体は鴨なのかな

▼最近はテイクアウトばかりでなかなかお店でごはんが食べられないなあ。赤ちゃんがいると当たり前かー