荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

バースプランと餃子の呪い

こっちは本気で心配しているのに!

 

おめでた日記。

そろそろ病院に「バースプラン」を提出しないといけなくて、夫婦で考えています。

バースプランはどんなお産がしたいか、ということなのですが……。

 

おめでたがわかってまだ間もない頃、

「予定日を超過して調子に乗って餃子を食べまくっていたら産気づき、お産の最中にわたしのおならでお医者さんや助産師さん、立ち会っていた夫が全員気絶してしまい必死で廊下に助けを呼びに行く」

という妙にリアルな悪夢を見てしまったせいで「バースプラン? みんなが気絶しないお産……」としか考えられなくて少しナーバスです。

たぶんいつもおならばかりプースカプースカする恥じらいを知らない夫がいるせいで、おならへの恐怖が強いんだと思います。

 

肝心の夫にその話をしたら大笑いされましたが(夫のせいだというのに腹立たしい)、正夢だったらどうしようと実はけっこう本気で悩んでいます。さすがにみんなマスクとかしてそうだし、気絶はしないか……?

 

しかも夫が「案ずるよりおならしてみたらいいのよぉ、お産のときはみんな必死で誰もそんなこと気にしないんだから。さあ、余計なこと考えるより今おならしてみなよ! そしたらスッキリするから!!」となんかおならの先輩ヅラして言ってくるのが余計腹立つ。

なんかそれっぽいこと言って

 

他のことに関しては全然恐怖心はなくて、むしろもろもろが楽しみです。本当にもう、気になるのはわたしのおならで誰も気絶しないことだけ。

ああ、お産に備えてバラの香料を飲むとかダメだろうか……ポーの一族のように。そうしたら少しはフローラルなのかしら……ああー。

と、汚い話ばかりでごめんなさい。

 

しかもそう言って餃子のことを考えていたら、逆に餃子が食べたくなってきて最近は「餃子〜餃子〜」と目を血走らせています。 

ということで荒川夫婦、餃子の旅。

まずは前々から気になっていた白山の兆徳へ。夫と意味もなく草63のバスに飛び乗ってバス旅行ごっこしたときに、行列をなしている中華料理屋さんになんだろう!?となって見つけたお店です。

餡のかかった揚げ餃子が珍しいですが、

焼き餃子のほうがわたしたち夫婦は好みでした。ジューシーで美味しかった!!

また行列が途切れたタイミングでうまく入れたら焼き餃子をたくさん食べたいな。

にんにく不使用ですが海鮮スープなどの味がしてコクのある餃子。黄金チャーハンも名物だそうな

 

田端のイフモンゴルでボーズ(モンゴル風蒸し餃子)とボーズの入ったイフモンゴルスープも食べました。ちょっと甘いモンゴル風醤油で食べるのが美味しい。

スープは少ししょっぱいけどとても体が温まるので、また寒くなった頃にお世話になろう。

ここのミルクティーも大好物(ミルクティーもしょっぱい)

 

続いて千駄木の蓬莱春飯店で水餃子。焼き餃子のテイクアウトのお客さんが多いですが、水餃子のほうがタネに香草などの複雑な味がしてわたしたちは好きです。お店の人も水餃子のほうが得意と言っていたとか(うちの父がお話したらしい)。

にんにく香る東北風白菜豚バラ炒めも好き!

 

毎晩大にぎわいの西日暮里の居酒屋さん、ダンダダン酒場にも行ってみたかったので餃子をテイクアウトにさせていただきました(お酒飲めないので……)。肉汁というかスープが入っているかんじで焼き小籠包のようだわ。

サワーやハイボールをガブガブ飲みながら食べると美味しいんだろうなあ。餃子居酒屋さんだから当たり前か

 

そして外せないのはやはり町屋の一龍! 美味しい楽しいだいすきです。

餃子食べたー!!という多幸感を味わえます

 

あとは根津から谷中幼稚園のそばに移転した「華」の水餃子を入院前に食べておかなければ。絶品の酢豚も!!

写真はランチの酢豚。こちらのお店のお料理はとても丁寧な仕込みがされている気がする。ふだんは酢豚ってあんまり……ですが、ここの酢豚は毎日食べたい

 

夫が皮から作ってくれる餃子もまた食べたいな。プロの餃子も好きですが、夫の作る餃子も絶品。

もちもちの皮に大葉と干し椎茸のダシの効いた大葉餃子、美味しかったなあ。100個くらい食べたい

 

こちら↓はまた別の餃子。

餃子は本当においしいなあ。

明日も食べようっと。

ああでも、これって自ら悪夢を正夢にさせようとしているのではないか!!

ヒー。

 

▼そしてわたしのおならより、立会い希望の夫が失神する可能性のほうが高いんじゃないかなという気がしています

▼おめでた日記