荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

アブラムシとの戦い

呪いの庭の形相

 

3月に種をまいて、プランターで育てているイタリアンパセリ。

わさわさに育ってくれて、「よし、間引きはせず全部食べよう」と欲張ってニヤニヤしていたところ、わさわさなおかげで株元にアブラムシが大量発生! 

 

アブラムシを窒息させるという片栗粉スプレーや牛乳スプレーをかけたところ、ハーブには負担が強かったみたいでアブラムシよりも苗の元気がなくなってしまいました。

どうしたものかといろいろ調べてみたら「アブラムシは黄色いものに集まる」という習性があるらしい。

ということで、試しに100均でハエ取り粘着シートなるものを買ってみました。これはキャンドゥでもダイソーでもどこでも売っているみたい。

べべべーん。短冊のような粘着シートが3枚入りです。

黄色い! イエローバスタード(©SIN CITY)と呼ぶことにしました

 

さっそく半分に切って裏に竹串をはりつけ、プランターに挿してみました。

そして翌朝。

 

なんということでしょう!

 

黄色いシートをびっしり羽虫が埋め尽くしている……。ウェー。

しかし地面やハーブについている肝心のアブラムシはさっぱり……。

 

このシートは飛んでいる虫に効果的みたいです(ハエ取りだものな)。

有機質の多い土のせいでコバエが大量発生していた花のプランターにも試しに設置したところ、一晩でシートにびっしり黒々、死屍累々というかんじになりました。

その貼り付いている虫を食べようとしたのか、ヤモリまでくっついて死んでいる光景は朝からショッキング。

お庭のおともだちが……

 

もしかすると粘着シートを小さく切って、土の上に置けばよかったのかなと思いつつ、うちのバルコニーはヤモリやら小さなカエルやらがたまに来るので(高層階なのですが不思議)、彼らがシートにひっつかないように、プランターにハエ取りシートを設置するのはやめました。あーあ笑。

 

結局、アブラムシは「丸めたテープでぺたぺた地道に捕る」作戦が一番でした。

アブラムシを食べてくれるてんとう虫が来てくれればなあ

 

ちなみに余ったシートはためしに室内の窓辺の観葉植物のそばに吊るしておいたら、窓から家の中に入ってきていた小さな羽虫が捕れまくり、一掃できました。ハエ取りシートすごい笑。

 

そしてキャンプ用品には黄色は絶対選ぶまい、と誓ったのでした……。