荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

おやすみ前の幸せ

0401_1b
0401_20401_3c
0401_4
0401_5a
なぜ顔までかける!?

布団や毛布をかけてもらうのって最高に幸せです。うつらうつらしているときに布団をかけてもらうと、布団が愛情を含んでふっかふかになって優しく包みこんでくれるような気分になります。まさに愛に包まれる心地。
ということで夫もわたしの愛に包まれて眠るがいいわと布団をかけていますが、そのお返しが雑すぎてどいひーでした。
夫め。


さて昨日の朝ごはんは、珍しく蕎麦の実ごはんにしました。夫がわたしのパンまでぼーっとして食べてしまい、冷凍ごはんもなく……。夫め。
0331_6
とろとろ粥にしないで、ぽろぽろもりもり食べるのが好きです

フライパンで軽く炒った蕎麦の実に水と塩を入れて、水加減を見つつ10分ほど炊くだけ。蕎麦の実はちょっとの量でだいぶ膨らむので、常備しておくと便利です。
奥にあるのは晩ごはんの残りですが、先日ブログに書いたごぼうとねぎのサラダを、ごぼうと蒸したれんこんで作ってみたものです。れんこんでもいける! 
朝から繊維質をもりもり食べました。

蕎麦の実ごはんが余ったら、スープやサラダに入れたり、あとハンバーグにしても。蕎麦の実はチーズやバターなどの乳製品と相性がよいので、つなぎに卵とシュレッドチーズ、小麦粉少々を使い、炒めたにんにくと玉ねぎ(みじんぎり)と合わせて塩コショウで味付けして焼きます。家にある野菜やキノコ、ハーブを適当に入れてもおいしいです。ケチャップやトマトソースをかけて食べるのが好き!
0331_3
セルクルや型に入れて焼くと崩れにくいです。そばーぐ

表面かりかり、中がぬるん、そして玉ねぎはしゃきしゃきとして独特の食感。
これは肉なしですが、ひき肉も入れて小麦粉をはたいて焼いても、もちろんおいしい。ウクライナの家庭料理「フレチャーヌィキ」風です。
しかし夫は豆腐ハンバーグ派みたいです。

あっ、エイプリルフールのことを忘れてた。