荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

パイと乙女

1206_1
1206_2
1206_3
1206_4x
お肉のパイばかり焼いてるから!?

パイが好きです。食べるのも焼くのもどっちも好き。
マザーグースの
♪ジョージィ・ポージィ、プディング・パイ
的なテンションで、女の子はお砂糖とバニラと甘いパイのにおいがする……という乙女チックな世界観への憧れから、余計にパイというものが好きなのですが、基本的にわたしの作るパイの具は羊肉、コンビーフ、あとはキノコとか……けものくさい肉のかたまりパイというかんじで、乙女チックな世界観からは確かに離れているかもしれないです。

「魔女」とは夫も言い得て妙ですね。くやしい。

今日は羊肉の入ったウズベキスタンの「サムサ」というパリパリのミートパイを目指したパイのレシピをご紹介です。
中央アジアの料理、ほんと大好き。


クミンの香りがするスパイシーなパイです。
生地も、寝かせ時間含めて1.5時間ほどで簡単に作れるので、ぜひ試してみてください!
世界の羊肉料理マスターになりたい。

<材料>6個ぶん
【生地】
強力粉(うちは準強力粉で作っています、粉の種類は探求中)300g
水 140cc 
塩 小さじ1/2弱
溶かしバター 40g

【具材】
ラム肉 200g
玉ねぎ(中くらい) 1個
☆クミンシード 小さじ1
☆カルダモンパウダー 小さじ1
☆塩 少々
☆黒こしょう 少々
☆しょうゆ 小さじ1/2

無糖ヨーグルト 少々

【仕上げ】
溶き卵 1個
黒ごま 少々
白ごま 少々

1206_5
生地がまとまるまでがちょっと力がいるので大変。

粉の分量を少なめにしているので、水は一気に全部入れず、生地の様子を見ながら入れてください。

あんまりボロボロしてまとまらなければ、水を5cc程度ずつ、ちょっとずつちょっとずつ足しつつひたすらこねてください。
1206_13
正式なサムサの作り方だと、バターではなく羊の脂を火にかけて濾したものを使うのですが、バターで充分おいしくできますよー。
1206_7
1206_8
1206_9
羊のひき肉なぞ近所で手に入らないので、スーパーで売ってる焼肉用の生ラム(味付けされていないもの)を使います。荒いミンチのほうがジューシーな気もするし!
炒めず生肉のまま生地に包むのが正しいですが、むかし屋台の生焼けサムサでお腹こわしたことがあるトラウマから、炒めて作ってます。好みでヨーグルトも少し加えてみてください。
1206_10
生地を伸ばすときバターがはみ出ますが、ひと思いに!!
1206_11
1206_12
羊とクミン好きにはたまらない味です。1個でけっこうお腹いっぱいになります。
これにケチャップをかけたり、トマトスープと一緒に食べたり、トマトと合わせるのが好きです!

 

生地は普通のパイ生地にしてもおいしいし、揚げるレシピもあります。

わたしはこのバリバリした生地のサムサが好きです。