荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

蚊に刺されやすいつま、虫除けハーブで蚊対策をする

0601_01
0601_02
0601_02
0601_04
夏が来ると、私にとってけっこうな死活問題があります。それは蚊!!
とにかく蚊に刺されやすいし、刺されるとぱんぱんに腫れてしまい、治りづらいです。
何をしててもだめ、走っていようがじっとしていようが刺される。蚊に刺されやすい人の特徴をほぼ網羅しているからかもしれません……。
そして刺されたところが熱を持って腫れるのは、中学生になるまで、あまり蚊のいないところで育ったので免疫がないのだろうか……。
最近はジカ熱だのデング熱だの、怖い病気も多いので、対策が大変です。
0601_05
トレンカ履くと絶対刺されます。なんで。足が臭いからか。ロングスカートに素足にサンダルのほうが刺されないです。

ということで、虫除け効果があるというハーブ、ローズゼラニウムを育て始めました。こんなに見事なお花が咲くハーブというのも珍しいですよね。
0601_07(1)
蒸れに弱いハーブなので、水やりしすぎないように気をつけつつ適当に育てていたら、みるみるうちに大きくなりました!

蚊の嫌がる匂いを品種改良で強めたカレンソウというゼラニウムの種類もありますが、カレンソウの苗が売っているのを島忠で見かけて、「うーんちょっと高いわねえ」と思いながら眺めていたら、その隙に蚊に刺されまくったので、怒りながらローズゼラニウム(ちょっと安い)の苗を買い込んできました。

バルコニーの出入り口周辺、パソコン部屋の窓辺、寝室、いたるところにゼラニウムの鉢や、剪定した葉っぱを挿した花瓶を置いております。風に揺れると、ふわんとバラのような香りが広がって、とても癒されます。鉢植えのものより、枝を切ったもののほうがよく香る気がします。ゼラニウムは女性のホルモンバランスを整えてくれるのだそうで。あ、でもこの匂いに囲まれている夫はどうなるんだろう。ますます乙女になるのだろうか……。
0601_08
ほかにも、
・摘んだ葉っぱで網戸やサッシを拭いて蚊よけ
・アルコールスプレーを摘んだ葉っぱに一拭きして、靴の中敷を拭いてそのまま置いて匂い消し&防虫
・葉っぱを水で煮出して、虫除けスプレー(人間&庭のプランターや鉢植え用)
などなど、いろいろ使っています。というか、いろいろ使わないと葉っぱがすごくわさわさに……。

防虫のほかにもお茶パックに入れて、お風呂に入れてリラックス効果のある芳香浴を楽しんだりもできるし、葉っぱや花は食用にできるので、お茶の香りづけにしたり、ゼラニウムを漬けた砂糖水とコーンスターチを使ってロクム(トルコのボンタンアメのようなお菓子)を作るのもおすすめです!

賞味期限が切れそうなゼラチンがあったので、紅茶とローズゼラニウムのグミを作りました。ちょっと入れるだけで、すごくゼラニウム味になります。
0601_09
食用可能といえど生の葉っぱは苦い。すごく乙女なお菓子作っちゃった〜ん、と食べて後悔しました。シロップ漬けにすればよかった。

肝心のローズゼラニウムの蚊への防虫効果ですが、まだ蚊の全盛期でないのでこれからに期待。今のところ家やバルコニーには来ていないです! 今年の夏こそあんまり刺されないといいな。