荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

それってそういう呼び方するの?

アマゾンで買い物上手な奥さん=アマゾネス

 

わたしが買い物上手云々というより、夫の検索の仕方がいつもしょうもないんですよね。

今回も球技大会用のスニーカーを「安い靴 男」というやる気のないキーワードで検索していたり、ラーメン屋を調べるのに「ラーメン屋 店名 思い出せない」と自分の気持ちを検索してたり。それじゃ出ないよ。

 

さて、今日から12月!

ぼちぼちとクリスマスの飾り付けを始めました。

クリスマス飾りは殆どが両親からの贈り物なので、飾り付けの時間は幼いころからのクリスマスの思い出をひとつひとつ振り返る時間でもあります。

4歳のクリスマスで風邪を引いて吐いたこととか、どうして知らないおじさんに物をもらわないといけないんだと怒り泣いたこととか、プレゼントにもらったミヒャエル・エンデの「はてしない物語」を読みながら寝てしまい、本を顔に落として朝鼻血が出ていたこととか(589ページのハードカバーだった)。

 

荒川家のささやかなクリスマス。

ちっちゃなツリーは実家で飾っていたものを結婚したときにもらった嫁入り道具。

隣にはかれこれ30年前に父がくれたスノーマンのプレートを飾ってます。

絵本はもちろん、映画とサントラが大大大好き。いまも「Walking In The Air」のイントロだけで泣けます。

 

ツリーのドームとリースは母から。日比谷花壇だそうです。

リースは届いたばかり。生花だからヒバのいいにおいがして癒される〜。

 

そしてクラーナハの「三日月の上の聖母子像」の隣には、夫の歯型でヴァニタスを演出……。そのへんにあったのを適当に置きました。

ということでクリスマス飾りはもらいものばかりで、自分たちで用意した飾りは夫の歯型くらいです。いや、これも歯医者さんからのプレゼントか。今年こそ何かクリスマス飾り買おうかな。

 

あとクリスマスといえばケーキ。夫もわたしもクリスマスだから何をするというわけではないですが、毎年ケーキは買います。

去年は湯島のTIESのケーキ(ホロ苦メレンゲシャンティ!)にしました。今年はどこのケーキを食べようかな〜。エルメかな〜。夫が「作ってよ」と言ってきたのでがんばろうかな。クリスマスにはしゃぐアマゾネス。

 

去年のクリスマスイブは土曜日だったので、庭園美術館に行きました。 

冬の庭園美術館はおすすめです。 

閉館間際の真っ暗なお庭に出ると、パーティーを抜け出して密会している令嬢のような気分になって妄想が楽しいです。相手は夫だけども……。

 

そしてうってかわってご近所情報。今年も恒例の旧三河島汚水処分場キャンドルナイトがあるみたいです。

12/22(金)の1日限定イベント。荒天の場合は土曜日に延期とのこと。(心のなかで土曜日にやってくれーと思っている自分がいる)。

 

こちらは大正時代に建造された、なんと日本で最初の近代下水道施設。当時の姿をそのまま残した重要文化財の赤いレンガ造りの施設に3600個のキャンドルが灯る、とっても幻想的なイベント。

といいつつ、わたしは慢性扁桃炎になって以来冬場に人の集まるところを避けているのでこのイベントは行ったことないですが(もう手術したけど)、普段はツアーの予約をしないと入れない場所に入れるのでおすすめです! 

冬のデートは「汚水処分場に行かない?」なんていかがでしょうか。……すごい字面。