荒川区に住んでます-うちの夫観察絵日記-

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫観察絵日記ブログです。

クールビズが終わった&エンパナーダ

1011_1
1011_2
1011_3
1011_4
1011_5
夫が夢で幸せなら……

クールビズがようやく終わった!!!!
久々の夫のネクタイ姿に小躍りしていました。
夫は「きつい、暑い!」と言っているけど、ネクタイってかっこよくて大好き。
でも夢で褒められ嬉しがるなんて、夫はストレス溜まっているんだろうか。

気温もまだ暑くなったり寒くなったりで不安定ですが、
夏場はパンをよく過発酵させて失敗したので、
もうちょっと涼しくなって上手に焼けるようになれればいいな……。

先日はコーンフラワーがあったので、冷蔵庫の残り野菜でエンパナーダ風の残り野菜おかずパンを作ってみました。

エンパナーダは中南米のおかずパン(パイ)。とうもろこし粉で作った生地にお肉や野菜を詰めて、揚げるか焼いて作ります。



レシピはまだ実験中。
エンパナーダのレシピが載っている手持ちの本は、生地をコーンフラワーだけで作るという外国のレシピ本で、コーンフラワー180g、水60ml、油大さじ1と書いてあるとおりに作ったら粉の種類が違うみたいで、パッサパサのボロボロになってしまって大失敗……。インカ帝国の保存食、ってかんじになりました。分量間違ったのだろうか。
とりあえずお腹が空いたので、強力粉と薄力粉も入れて生地を作り直してみました。

以下、備忘録を兼ねてメモ。
もう少しコーンが香る生地の配合にしたいです。
どうすればいいのか。

<生地>
強力粉 80g
薄力粉 70g ←強力粉だけでもよかったかも
コーンフラワー(TOMIZのもの)30g
無塩バター 30g ←溶かしバターでもよかったかも
水 110ml ←少し多かったので、水は90〜100mlでよかった
塩 小さじ1/2強

<フィリング>
家にあった適当な余り野菜
(アスパラ、長芋、ブロッコリー、にんじん、舞茸、茄子、玉ねぎ、にんにく)
ケーパー(あればオリーブ入れたかった)
牛ひき肉
固茹で卵
チーズ
ワインビネガー
塩コショウ、チリペッパー、ほか好みのスパイス(ディルやオレガノ、クミンなどなど)

(1)生地をこねる。(バターと粉を手ですり混ぜてから、水を入れてこねる)
(2)生地がまとまったら丸めて、1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。乾燥しやすいのでボウルはぴっちりラップする。
(3)生地を休ませている間、フィリングを作る。固茹で卵を用意しておく。野菜を細かいダイス状に切って、ひき肉と一緒ににんにくとオリーブオイルでよーく炒める。ワインビネガーと塩コショウ、スパイスで味付け。フィリングは冷ます。
(4)210℃でオーブンを予熱。
(5)生地を4〜6等分し、丸い形にして薄く(厚さ3mmくらい)伸ばす。
(6)具をのせて、刻んだ固茹で卵とケーパー、削ったチーズをのせて包む。
(7)卵を塗って、210℃のオーブンで20〜30分焼く。

ラップをして、翌日レンジで1分ちょっとチンして食べたら皮がしっとり柔らかくなって、コーンの風味も引き立っておいしかった。
研究せねば。