荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫・観察絵日記です。

西日暮里初見殺し

1019_1
1019_2b
1019_3b
1019_3e
1019_9c
1019_9b
1019_10c
わかりづらいですが、他の信号なら歩行者用信号が変わるようなタイミングで車道の信号が変わり、直進と左折する車がすごい勢いで通るので、ぼーっとしてると踏み出しちゃって轢かれそうになるのです

この初見殺しを渡ってどこに行きたいのかというと、西日暮里の開成学園近辺のエリアは、サンドイッチの「ポポー」さん、おにぎり全品100円の「もがみ」さん、いつもパンを買う「ianak!」さんなどなど、お弁当を買うのにちょうどいいお店が集まっています。

このあたりでサンドイッチやおにぎりを調達して、舎人ライナーに乗って舎人公園や隅田川まで行ってのんびりお弁当を食べるのが好きです。舎人ライナーに乗らなくても、高台にある諏方神社の階段で、電車を見下ろしながらおにぎりを食べても楽しい。お昼をここで済ませて、山手線に乗り換えてそのまま遊びに行ったりすることも。
1019_6
ポポーももがみも、早めに行かないと売り切れちゃってることが多いのですが


荒川区おすすめスポットのひとつです!(地味だろうか)。

それで、このエリアと駅を結ぶスクランブル式の横断歩道が、前述のとおり渡りづらいという話に戻りますが。
十字路の下の道は江戸時代、よく荷物を引く牛や馬がここで足を折るので「魔の坂」と呼ばれていたそうで。(呪われていたとかではなくて、急な坂だったからということらしいです)
車通りがけっこうあるので「あっ、危ない!!」とヒヤヒヤすることも多いというか、実際ぼーっと飛び出しちゃった人を止めたこともあるので、「魔」が広がって、現在は魔の横断歩道かもしれません。

信号を勘違いして飛び出している人を見ると「さてはこの街が初めてね」といっぱしの荒川区民ヅラで思うので、「初見殺し」と心のなかで名付けているのでした。