荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫・観察絵日記です。

飛騨高山旅行(3)飛騨マジック

0912_1
0912_2
0912_30912_4
飛騨にいるうちにさるぼぼが可愛く見えてきて、ストラップをひとつ買って帰りました。子供のころはお土産でもらったさるぼぼが不気味だったのに。これぞ飛騨マジック!
きっと祖母も飛騨マジックにかかってたのだろうな……。

 

前回はこちら。

飛騨高山旅行、2泊目の宿は福地温泉に行きました。
平家の落人伝説が残る山里の湯です。

こちらでは温泉の泉質が自慢の旅館「孫九郎」に泊まりました。
2015年にリノベーションが終わったばかりで、きれいなお宿でした。

露天風呂は青みがかったにごり湯で、内湯は透明なお湯でした。
なんだかんだ温泉旅館にばかり行っているわたしたちですが、ここの宿の温泉の質は、今まで訪れた温泉のなかでもダントツ!! 
温泉成分がぎゅーっとしている感触なのに、出てきた疲れが瞬時に癒えるというか、全然湯あたりしなかったです。
芯からじわっと温まるお湯で、わたしが東京から持ってきた風邪もすっかり良くなりました。

温泉だけでなく、ごはんもおいしかったです。朝食には源泉で炊いた「源泉粥」をいただきました。
0912_10
朴葉味噌おいしかったなあ。

旅行最終日は新穂高ロープウェイへ。
2階建てロープウェイに乗って向かうは、標高2200m!
0912_13

北アルプスの雄大なパノラマ。
0912_14

ロープウェイってチケットがけっこう高いので、山に興味のないわたしはちょっとばかり躊躇してたのですが、自力じゃ絶対こんな高い山に登れないし、夫は乗りたがっているので思い切って行ってみたら、とても心が洗われる景色で感動しました。笠ヶ岳の縞模様はカルデラ火山だったことの名残だとか……。

山の空気をいっぱい吸って、のんびり帰途につきました。(名古屋駅のホームできしめん食べました)
いや〜いいところだったなあ、飛騨高山。

道中、いろいろ素敵なもの(&食べ物)との出会いのおかげで、道楽がまた増えてしまった荒川区夫婦。帰京してから、夫は飛騨古川で買った和蝋燭を灯すのに夢中です。
0912_9
洋蝋燭より光が強くて、炎のゆらめくさまが妖艶で面白い。

わたしはまた飛騨牛が食べたくて、夢にまで見てしまいました。
0912_11 height=

心残りは、いつも旅行の記念に焼き物を買いますが、今回はギャラリーに立ち寄る時間がなくて何も買えなかったこと。岐阜は広いし、今度は多治見とか、焼き物の里にも足を延ばしてみたいなあ。

飛騨高山、素晴らしい土地でした。
また行きたいです!!

レンタカーをずっと運転してくれた夫にも感謝しつつ、おわり
0912_5