荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫・観察絵日記です。

西日暮里の壺漬け一本焼きホルモン焼肉やさん

0802_1
0802_2
0802_3
0802_4
夫は食べる専門

壺漬けホルモンを味わいたいならば、西日暮里駅からほど近いホルモン焼肉やさん、「西日暮里ホルモン」がおすすめです。とても活気のあるお店で、荒川区外の人もその名を知っているというホルモンブームの先駆けのお店らしいです。

名物「熟成ホルモン1本つぼ漬け」のほか、「極太ハラミの1本焼き」、同じく壺漬け1本焼きのカルビとロースもあります。
もちろん壺漬けのほかにも、まるちょうやハツ、カシラなど定番からちょっと珍しいものまで、お肉のメニューは豊富。何を食べようか、迷ってしまいます。
お肉はテーブルに置かれた七輪で焼くスタイルで、さっぱりめのタレ、レモン汁、ワサビ、塩でいただきます。
お店の中はかなり煙でもくもくとしているので、頭からつま先まで肉くさくなります。服装注意!

壺漬けのホルモンは、油たっぷり、ぷるぷるのホルモンが、びろーん。すごく長いです。「こんな長いの見たことない!」と叫んでいる人がいました。焼く前のホルモンを「食べ物」と見ることができればよいですが、あまりさわやかな見た目ではないです。
ぷるぷるじゃないほうを下にして焼いて、いい具合に焼けたらまたタレにくぐらせ、ハサミで食べやすいサイズに切ります。このタレがよく絡んだぷるぷるを口のなかに入れると、とろーんととろけてまったりとしたホルモンのコクと甘みが舌の上に広がります。噛むとコリッとした皮の部分が少し焦げて香ばしくなったタレの味に馴染んでいて、これまたおいしい……。
ホルモンの漬けタレもさっぱりめなのでつるつる食べれます。が、油が濃厚なので2人だとけっこうあとでズシンとお腹にきます。
わたしは油たっぷりのホルモンを大量に食べると胃もたれしてお腹を壊すことがあるのですが、なんでかこちらのホルモンではお腹を壊しません! ボリュームたっぷり油たっぷりなのに! 下処理とかがいいのかしら、新鮮なのかしら。ホルモンの臭みも全くないです。

ぷりぷりでジューシーな極太ハラミは、タレもいいけれどワサビと塩で。夫とわたしは、一本焼きのなかではハラミが一番好きです。
壺漬け一本焼きはどれもボリュームも味も文句なしですが、やっぱりハラミのコスパが最高な気がします。厚切りに切れば、ぷりんぷりんでジュワー! なハラミをお腹いっぱい楽しめます。

お肉のほかにもスープや盛岡冷麺などなどサイドメニューや飲み物メニューもいろいろあって、宴会にもちょうどよいお店です。冷麺のスープは甘め。

壺ホルモン以外のホルモンは塩味。夫は壺漬けホルモンにいかず、さっぱりした塩ホルモンを食べる派。これは好みですが、ハラミや塩ホルモンなどの塩ダレを使ったお肉をレモンやワサビで食べるほうが、こちらのお店の個性というか、お肉の新鮮さとおいしさをより楽しめるかもしれないです。
ああ、書いてたらまた行きたくなっちゃった。

夏の夜は、シャリキン(フローズンキンミヤ焼酎)とマッコリビールにホルモンで!

西日暮里ホルモン
荒川区西日暮里5丁目31−5 STビル 1F
○舎人ライナー西日暮里駅近くの王将の左の道(エイジングビーフが無いほうの道)を入ってすぐ左。地下鉄駅、JR駅からは信号に引っ掛からなければ徒歩2分くらい。
○確実に入店したいなら電話予約がおすすめです。