荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫・観察絵日記です。

いい飲み屋街にジムがあるのは本当によろしくない

0414_1
0414_2
0414_3
0414_42
0414_51
西日暮里のNASの会員になっていて、たまに夫と行くのですが、このジムは私たち夫婦の大好きな居酒屋さん(鳥のぶと喜多八)のちょうど真ん中という最高の立地にあるので、一汗かいたあとにちょっと一杯、を毎度やってしまい、結局運動により栄養を吸収しやすくなった体でハシゴしたうえ〆ラーメンまで行くので、デブになって帰ります。

鳥のぶは西日暮里と日暮里の真ん中くらい、常磐線の踏切そばに位置する居酒屋さんです。新鮮な鳥肉を使った刺身が絶品。特にぷるんぷるんの鳥の白子が口の中で弾け、まったりとした味が広がる幸せときたら……。他にも「茄子とローストビーフ」とか「ぬれせんと生ハムのブルスケッタ」とか「麻婆豆腐」もおいしい。いろんな料理があるうえに、おしゃれに盛り付けてくれるのでテンションが上がります。お酒の種類も豊富で、珍しい日本酒もリーズナブルにお試しできます。お酒のメニューはよく変わるので、今日は何が入っているのかな!、とメニューを見るたびわくわくします。

喜多八は西日暮里のすぐ駅前にあるもつ焼き屋さんです。開店直後からおっちゃんたちで賑わう、下町らしい居酒屋さんです。頼んだらすぐ出てくる味噌味のモツ煮込みは、柔らかなモツとよく汁を吸った豆腐がめちゃくちゃおいしい。たっぷりかかったネギの辛みがアクセントとなって、たまらん。まっきいろな辛子も添えてありますが、私は辛子が食べられない。夫は「辛子がまた合うのよ」と言いながら、辛子を溶かした汁まで飲みます。高血圧まっしぐら……。そんなかんじでモツ煮やポテサラ、コブクロ刺しなどをつまみつつ、焼き物を待つというわけです。モツ焼きがまあ絶品! タレがおいしいので絶対タレ。ハツとかタンをいつも頼みますが、これがもういい具合の焼き加減としょっぱさで、お酒がすすみます。大好きなのはホルモン焼。ホルモンといってもマルチョウとかそういうホルモンではなくて、肉ってかんじの肉です。にんにくダレのパンチが効いた大根おろしがかかっています。これは何本でも食べられます。そして何杯でも飲めます。

ちなみにNASは町屋にもありますが、そっちはすぐ隣に大内と甲州屋というこれまた居心地のいい居酒屋さんがあって、ダイエットなぞ出来ません。

あーーあーーーーおなかすいた!!

鳥のぶ(食べログのリンク)
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13098550/
○荒川区西日暮里2丁目48−5

喜多八(食べログのリンク)
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13049310/
○荒川区西日暮里5丁目21