荒川区に住んでます

荒川区在住30代夫婦の日常。三度の飯と夫が大好きな妻による、夫・観察絵日記です。

日暮里&西日暮里のカスタム麻辣湯

0403_1
0403_2
0403_3
0403_4
0403_5
0403_6
夫は丸亀製麺のトッピング天ぷらとか朝食ビュッフェのヨーグルトとかに対して、真剣に悩みすぎだと思う


夫から突然「今日飲みに行くことになっちゃった」という連絡が入ったひとりの夜や、疲れてへとへとな日なんかに無性に食べたくなるんですよねえ、花椒たっぷりの麻辣湯……。
とはいえ突発的な「麻辣湯食べたい気分」のときは、ひとりではさすがにお店の火鍋は行きづらいので、ガラスープと五香粉と唐辛子で麻辣湯モドキを作って溜飲を下げていました。

しかしなんと!!

昨年日暮里と西日暮里に麻辣湯の店がそれぞれオープンしまして、麻辣湯が食べたくなったら走って行ってます。どちらのお店も駅近だし、夢のような生活です。

さて、麻辣湯専門店の面白いところはカスタマイズが自由なところ。
どちらのお店も
・麺の種類
・具材(トッピング)
・辛さ

を選べて、自分好みの味にできます。1杯850円前後。

ちなみに女性ひとりでも入りやすいのはカウンター席がメインの西日暮里「美香(メイシャン)」のほうで、麻辣湯以外のメニューも多くてまったりできるのは日暮里「ニーハオ」のほうかなあ。わたしたち夫婦は選べる具材に羊肉(好き)がある「美香」を利用することが多いです。

具材は小袋にパックされていて、「美香」では5種類を選んでカゴに入れて、店員さんに渡して作ってもらいます。「ニーハオ」は4種類ですが、基本のスープにキャベツと黒きくらげが入っています。「美香」は各食材の効能の説明書きがあって、その日の体調で具材を選ぶのも楽しい。具材は1種類100円を追加すれば増やせます。麺は、春雨、ラーメン、刀削麺、「ニーハオ」は珍しいとうもろこし麺などから選べます。辛さは3段階。こちらの辛さも100円追加で増やせます。いつかトッピング5種類全部羊肉とかやってみたい……。

「美香」での鉄板トッピングはこんなかんじ!
羊肉ともちもちな餃子は外せません。
0403_7
夫と母は、初回は辛さ「2」で様子見た方がいい、と言ってました。春雨(細)はスパゲッティくらいの太さで、春雨(太)はタイビーフンみたいな平べったいタイプ

スープは豚骨と鶏骨の白いスープに赤いラー油が浮いていて、しょうが、にんにく、唐辛子、五香粉などの薬膳スパイスたっぷり。
パンチが効いていて、繊細というよりはちょっとジャンクな味に近いですが、飲んだあとのシメにもよくて、癖になる。テーブルに山椒があるのも嬉しい。
(2017年9月追記:美香のほう、スープがリニューアルしたのか入っているダシや薬膳スパイスが増えて、よりおいしくなってるー!)
 
どちらのお店もランチ営業ありだし、気軽に麻辣湯を楽しめて本当にありがたいです!!
末永くがんばってほしいな。

昼時のオフィス街とかでベトナムフォーのお店がゴッタ返しているのを見ると、麻辣湯専門店がオフィス街にあれば絶対流行りそうだな〜と思うのですが、ぜひ町屋駅周辺にも出店して、荒川区が麻辣湯の街になってほしい。「麻辣の森あらかわ」になってほしい。

美香(メイシャン)
○荒川区西日暮里5-24-2 KIビル B1F
○吉野家と不動産やさん(串かつ田中とかがあるビル)の間の道を入ってちょっと行ったビルの地下

ニーハオ
○荒川区西日暮里2-25-1 ステーションガーデンタワー 3F
○日暮里駅のステーションガーデンタワーのなか